学生・研修医の皆様へ

研修施設

放射線腫瘍医の研修施設をご紹介します。

茨城県立中央病院

指導責任者名、責任者からのメッセージ

茨城県立中央病院は茨城県の県央・県北地域の中核総合病院として、初期研修医や後期研修医の育成に積極的に取り組んでいます。当院は茨城県地域がんセンターとしての役割も担い、年間の新規がん患者数は約1,900名で、PET診断装置やロボット手術など最新の診療技術を積極的に取り入れてきました。平成20年には放射線治療センターが新たに発足し、最新の放射線治療装置を導入すると共にマンパワーの拡充を図り、複数の放射線治療医と専従の医学物理士、放射線治療認定看護師を有しています。
放射線治療医を志す後期研修医の皆様には、筑波大学との密接な連携プログラムの元に、放射線科専門医や放射線治療専門医取得を目標として、個々のステップに適合したプログラムを提供できると自負しています。当院独自の後期研修プログラムもありますので、関心があればホームページをご覧ください。

指導医数(後期研修が終わっている医師の数、専門医の数)

放射線治療専門医 2名
・玉木 義雄(放射線治療センター長)
・大野 豊然貴

年間の放射線治療新患

平成26年度 413名(乳腺87、肺82、泌尿器60、頭頸部45、婦人科43,肝胆膵25、食道23、造血器22、その他)

経験できる疾患

乳癌肺癌泌尿器科癌
(前立腺癌)
頭頸部癌子宮癌食道癌
肝癌膵癌悪性リンパ腫直腸癌転移性骨腫瘍転移性脳腫瘍

その他

経験できる手技

X線/電子線治療全般(3DCRT、全身照射)、呼吸同期照射、画像誘導放射線治療
高精度放射線治療:IMRT、定位脳照射(SRS、SRT)、定位体幹部放射線治療(SBRT)
密封小線源治療:婦人科癌の高線量率腔内照射、その他
非密封線源治療:骨転移に対するストロンチウム治療、放射性ヨウ素内用治療(甲状腺癌に対する外来アブレーション、甲状腺機能亢進症)

学会認定施設

日本医学放射線学会認定修練機関(全部門)

その他の施設

県内で後期研修医が非常勤勤務する病院

・水戸医療センター
・水府病院
・日立製作所ひたちなか総合病院
・茨城西南医療センター
・水戸協同病院
・日立製作所日立総合病院
・筑波メディカルセンター病院
・土浦協同病院

県外で後期研修医が短期研修できる病院

・群馬大学
・独協医科大学
・埼玉医科大学
・総合医療センター
・国立がんセンター東病院
・埼玉がんセンター
・神奈川がんセンター
・がん研有明病院
・東京都立駒込病院
・国立国際医療研究センター
・その他、海外の粒子線治療施設等
・東京女子医科大学
・越谷病院
・国際医療センター
・国立がんセンター中央病院
・群馬がんセンター
・栃木がんセンター
・静岡がんセンター
・放射線医学総合研究所
・東京新宿メディカルセンター
・国立成育医療研究センター
  • 筑波大学附属病院
  • 陽子線医学利用研究センター
  • 筑波大学附属病院にて陽子線治療をお考えの方へ