研究体制

研究体制

筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センターでは坪井康次センター長を中心に、より効率的で安全性の高い陽子線治療法の確立を目指し、さまざまな基礎研究を重ねています。また、診療部門である陽子線治療センターのスタッフと連携して、より精度の高い治療法の確立を目指した臨床研究も進めています。

基礎研究分野

放射線生物学
教員
大学院生
医学物理学
教員
大学院生

臨床研究分野

放射線腫瘍学
教員
レジデント

教員 / 大学院生 / レジデントのボタンをクリックするとスタッフが閲覧できます。

研究内容

陽子線治療の重要な役割の一つは、従来のエックス線治療では十分な効果が得られなかった難治性疾患に対して有効性を発揮することです。安全性を確保しながら、小さい病変から大きい病変までさまざまな病変に対して、どのような治療法を施すことが可能か、生物学的に検証し、臨床への橋渡しをすることは大学病院の研究部門として大変重要と考えます。また、医学のみならず、臨床の現場で利用可能な安全で安心な放射線技術を物理の視点から研究しているのも筑波大学ならではの特徴です。

進められている主な基礎研究

  • がん細胞と正常細胞に対する陽子線の生物学的効果の研究
  • がん組織への放射線照射による腫瘍免疫賦活効果の研究
  • 電離放射線によるDNA損傷とその修復機構の解明

筑波大学 放射線生物学はコチラから

進められている主な医学物理研究

  • 放射線・粒子線治療の高精度化、安全性向上のための研究
  • 加速器を使った新しい治療技術の開発
  • 品質管理のための新技術の開発
  • 体内の線量分布を精度良く評価する技術の開発

筑波大学 医学物理学はコチラから

進められている主な臨床研究

  • 短期照射法を用いた前立腺癌陽子線治療の臨床研究
  • 大きな脳動静脈奇形に対する陽子線治療の安全性と有効性
  • 小児腫瘍に対する陽子線治療症例データベース構築による安全性、有効性の検討

筑波大学病院の放射線腫瘍科はコチラから

陽子線治療センター

  • ご挨拶
  • 研究体制
  • 筑波が担う役割とは
  • 筑波から生まれる陽子線の未来
  • 論文・実績
  • 次世代の研究者たち

陽子線治療について知りたい方へ 筑波大学附属病院陽子線治療センター