治療実績

1983年から2000年までの間にKEK(現・高エネルギー加速器研究機構)で治療した実績を含め、2020年9月末までに6,060名の患者さんを治療しました。そのうち最も多いのが肝臓がんで、前立腺がん、肺がんの順となっています。当センターでは、陽子線治療が有効性を発揮できる腫瘍であれば、あらゆる疾患の治療に対応しています。

2020.07

陽子線治療センター紹介動画

”陽子線治療 -がん治療のさらなる発展 を目指して-”

新着情報

2020.9.28
飯泉天志病院助教、関野雄太登録医が放射線治療専門医を取得しました
2020.9.28
馬場敬一郎医師、村上基弘医師が放射線科専門医を取得しました
2020.9.2
竹本直一内閣府特命担当大臣が次世代がん放射線治療・BNCT用治療施設を視察
2020.8.24
9月1日10時よりオンラインによるセカンドオピニオンを開始します
2020.7.10
患者さんから感謝状を頂きました
2020.7.1
センターの教員らが関わる履修証明プログラム「放射線災害専門スタッフ養成プログラム」が文部科学省の広報誌にて紹介されました
2020.6.30
榮武二教授、照沼利之助手の共同発表が第119回日本医学物理学会学術大会にてPresidents Award 銀賞を受賞
2020.6.15
櫻井英幸教授がBest Doctors in Japan(ベストドクター)に選出
2020.5.27
小林大輔主任診療放射線技師が2019年度病院職員優秀発表病院長賞を受賞
2020.4.8
廣嶋悠一医師が2019年度レジデント優秀論文病院長賞(チーフ部門)および第22回桐医会賞(筑波大学附属病院教育賞 レジデント部門)を受賞
2020.4.2
後藤雅明医師のコメントが日経メディカルに掲載されました(全文を読んでいただくには会員登録およびログインが必要です)
2020.3.4
【重要なお知らせ】陽子線治療を行った患者様の定期通院について(新型コロナ関連)
2020.2.20
櫻井英幸教授の記事が「日刊ゲンダイ」に掲載されました
2020.2.13
石川仁教授の記事が日経BP「がんナビ」に掲載されました
2019.9.4
【重要なお知らせ】陽子線治療に関する先進医療費の改定について

過去の新着情報を見る

茨城県がん先進医療費利子補給金助成事業

がんの先進医療費を借り受けた場合その利子を茨城県が補助します。