陽子線治療について

治療費について

公的医療保険適用になる疾患(2020年1月現在)

  1. 小児腫瘍(限局性の固形悪性腫瘍に限る)
  2. 手術による根治的な治療が困難な骨軟部腫瘍
  3. 頭頸部悪性腫瘍(口腔・咽喉頭の扁平上皮癌を除く)
  4. 限局性及び局所進行性前立腺癌

保険診療による陽子線治療の場合は、陽子線治療の医療費についても通常の医療費と同様に、自己負担割合に応じて1~3割の自己負担で治療が可能です。

(ただし、治療や検査内容等によって総費用は異なります)

 

 

保険診療

 

保険診療においては、高額療養費制度が適用になります。

詳しくは、厚生労働省のWebページをご覧いただくか、各市区町村の健康保険担当窓口やご加入の健康保険組合にご相談ください。

» 高額療養費制度の詳細はこちら

 

図

(クリックで拡大します)

図

小児がん

小児がんの治療については、健康保険のほかに「小児慢性特定疾病医療費助成制度」が利用できます。対象は18歳未満の児童で、18歳になったあとも引き続き治療が必要であると認められる場合は20歳未満まで対象となります。

また、「小児がん交通費等補助金制度」もご利用いただけます。
こちらは、小児がん治療中にかかる諸費用のうち交通費・宿泊費の支援を目的とした「小児がん交通費等補助金制度」です。2020年1月1日より適用が拡充されました。

詳しくは、http://www.goldribbon.jp/informations/140401.htmlよりご確認ください。

先進医療の場合

陽子線治療の技術料は、297万4千円が全額自己負担となります。
このほかに、診察・検査・投薬・入院費などが別途保険診療で必要となります。

※先進医療の陽子線治療の技術料(297万4千円)は、民間保険の先進医療特約の対象となります。詳細については、ご加入の生命保険会社へお問い合わせください。

エックス線併用治療・再治療の方について

医師の判断により、エックス線併用治療が必要な方、再治療が必要な方には、患者様の負担軽減のために別途費用設定を行っております。

 

X線併用治療の場合 148万7千円
再治療の場合 126万8千円

 

 

 

茨城県がん先進医療費利子補給金助成事業

がんの先進医療費を借り受けた場合その利子を茨城県が補助します。

詳細については、茨城県保健福祉部保健予防課がん対策推進室までお問い合わせください。

茨城県がん先進医療費利子補給金助成事業

(クリックで拡大します)