海外の方へ

筑波大学附属病院 陽子線治療センターでの外国人患者受入れの条件

いずれも全身状態が良好であり渡航が十分可能で、1年以上の予後が期待できる場合に受け入れが可能です。

下記に受け入れ可能な疾患・状態をあげますが、実際に陽子線治療ができるかどうかは、個別の判断になります。

入院が必要な場合は、当院の入院規則を守っていただける方に治療を提供します。

脳腫瘍 (良性腫瘍含む)

・疾患を問わず全身状態が良好で、意識障害のない場合


頭頚部癌

・鼻腔癌・副鼻腔癌(上顎癌、篩骨洞癌など)(悪性黒色腫を含む)

・頭蓋底腫瘍(脊索腫、軟骨肉腫)

・嗅神経芽細胞腫


肺癌

・I期(陽子線治療のみ)、またはII・III期(陽子線に化学療法併用)

・呼吸機能が良好で間質性肺炎の合併がない場合


縦隔腫瘍

・胸腺腫、胸腺癌など、危険臓器(心、血管、気管支等)に大きな浸潤のない場合


食道癌

・I期(陽子線に化学療法併用)


肝癌・肝内胆管癌

・1~3個

・肝機能良好(Child A)

・黄疸なし、腹水なし


前立腺癌

・リンパ節に転移がない、かつ臓器転移がない場合


悪性リンパ腫

・放射線治療が必要な悪性リンパ腫(特に若年者、ホジキン病含む)


小児・若年者(30代まで)のがん

・すべての疾患が対象(状態の落ち着いている場合のみ受け入れ)


転移性腫瘍

・肝転移(1~3個まで)

・肺転移(1~2個まで)

・リンパ節転移(胸部、腹部、骨盤など一つの領域のみの場合)


良性腫瘍

・脳動脈奇形、血管腫、デスモイドなど放射線治療が必要な場合


陽子線治療のお問い合わせは身元保証機関を通してください

海外の患者さんから陽子線治療について、ご相談のメールを頂くことがございますが、現状では対応致しておりません。
上記の疾患に該当し、当センターでの治療を希望される方は、以下のいずれかの身元保証機関(登録医療コーディネーター等、および登録旅行会社)を通じてご連絡ください。

受け入れ可能な身元保証機関の一覧

  株式会社ジェイティービー(JTB)
     電話:03-5290-1630

  日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(EAJ)
    電話:03-3811-8600

  日本国際医療交流センター
    電話:03-6277-6517

  株式会社 漢唐国際
    電話:03-5906-5538


各コーディネーターの詳細については、以下のウェブページを参照ください。
  身元保証機関(登録医療コーディネーター等)のリスト / 外務省
  身元保証機関(登録旅行会社)のリスト / 外務省