放射線治療のメリット

放射線治療はからだへの負担が少なく
治療後のQOL(生活の質)を維持できるがん治療です。

放射線治療は、がんの三大療法のひとつで、病巣に放射線をあてて、がん細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞を消滅させたり小さくする治療法です。(くわしいメカニズムはこちら)。年齢や合併症により手術が難しい患者さんにも治療を提供することができ、体にメスを入れる必要がないため、痛みもなく、通院による治療も可能です。

放射線治療は手術と同様、がんのみを治療する局所療法のひとつです。放射線治療は臓器の機能や形を温存して治療できることから、治療後の生活の質(QOL*)を高い水準で保つことができます。
*QOL(Quolity of Life) : 生命・生活の質

  • 筑波大学附属病院
  • 陽子線医学利用研究センター
  • 筑波大学附属病院にて陽子線治療をお考えの方へ