先進医療

陽子線治療はがん病巣のみにピンポイントで
放射線を照射します。

陽子線治療は放射線治療のひとつです。

陽子線治療は先進医療であり、放射線治療の一つです。従来の放射線治療ではエックス線やガンマ線といった光子線を使用しますが、陽子線治療では水素の原子核(陽子)を加速してエネルギーを高めた陽子線を使用します。

がん病巣のみにピンポイントで放射線を照射します。

エックス線などの放射線は体表面で一番強いエネルギーを放ち、がん病巣を超え、体を突き抜けてしまうため、正常な組織や臓器を傷つけてしまうという点がありました。
これに対して、陽子線は設定した深さに到達したときに最大のエネルギーを出して停止する「ブラッグピーク」という物理的特性を持っているため、がん病巣の位置や大きさに合わせて、ピンポイントで放射線を照射することが可能です。
このため、高い治療効果を得られるだけでなく、正常な組織や臓器への影響を極力抑えることができます。

体への負担が少なく、QOL*を高い水準で保つことができる治療法です。

陽子線治療はがん細胞のみを狙い撃ちできるため、他の正常な細胞への影響が少なく、従来の放射線治療と比較すると体への負担が少なく副作用が軽くなります。
このため、治療後の社会復帰に支障をきたすことが少なく、QOL*を高い水準で保つことができます。治療期間中は原則として入院する必要はなく、多くの場合外来治療で行われます。
*QOL(Quolity of Life):生命・生活の質

  • 筑波大学附属病院
  • 陽子線医学利用研究センター
  • 筑波大学附属病院にて陽子線治療をお考えの方へ