学生・研修医の皆様へ

平成29年度 筑波大学附属病院 放射線腫瘍科 後期研修医募集について

新専門医制度導入見送りに伴い、平成29年度採用分はこれまでと同様の内容で募集いたします。
応募締め切りや研修内容についてご覧いただき、興味のある方はご連絡をお願いいたします。

出願方法および応募締め切り

筑波大学附属病院にマッチングして初期研修を行っている方

2016年11月に教育センターからアンケートが配布されますので、11月末までに提出してください。
もちろん、期限前でも入局希望のご相談をお受けいたします(下記連絡アドレスへ)。

筑波大学附属病院以外でマッチングして初期研修を行っている方

2016年11月末までに必要書類をそろえて筑波大学附属病院総合臨床教育センターに提出してください。
必要書類や詳細については、教育センターのHPをご覧ください。
http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/sotsugo/
もちろん、期限前でも入局希望のご相談をお受けいたします。

2 選考

提出頂いた書類と、これまでの見学・研修の内容をもとに選考する予定です。
選考結果は12月上旬に通知いたします。

3 研修内容

筑波大学病院および関連病院での研修となります。

後期研修4年目の夏に診断と治療で共通問題の専門医試験があります。
後期研修6年目の夏に治療専門医の試験があります。
日本医学放射線学会および日本放射線腫瘍学会が指定した研修内容に沿って研修します。
症例数の指定がありますので、後期研修のはじめの3年間のうち3カ月間は筑波大学附属病院の放射線診断科での研修を予定しています。

関連病院:県内の教育可能な病院のほか、希望によって県外の施設と調整することも可能です。
研修修了後の進路:筑波大学附属病院での勤務の他、大学関連施設での勤務が中心ですが 大学関連以外の全国の施設での就職活動を応援することも可能です。

4 大学公式ページについて

筑波大学附属病院 後期研修についての公式ページがありますので 応募の際にはそちらもご確認されますようお願いいたします。
http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/sotsugo/

5 その他

内容についてのご質問や、見学希望・面談希望などありましたら
proton_therapy@pmrc.tsukuba.ac.jp
(担当;病院講師 沼尻晴子宛)
までご連絡ください。

  • 筑波大学附属病院
  • 陽子線医学利用研究センター
  • 筑波大学附属病院にて陽子線治療をお考えの方へ